外出先で安全なネットワーク環境を手に入れるには?

外でWiFiに接続する機会が多くなったと思います。

海外旅行のときは重宝しますし、普段から外出時には公衆WiFiに接続することもありますよね。

普通にスマホで接続するよりも高速ですし、スマホの通信量を消費しなくてすみますから積極的に利用している人も多いのではないでしょうか。

カフェなどでもWiFiを提供することが一般的になってきました。

海外ではネットワーク環境がありませんので、ホテルや空港、商業施設が提供しているWiFiを使う機会がさらに増えますよね。

さて、そのWiFi、本当に使って大丈夫ですか?

 




そのWiFi危険です

だれでも接続できるWiFiは危険です。

どう危険かと言うと・・

通信内容を他人に見られます!

基本的にそのWiFiを流れる情報は盗み見られるという意識を持ったほうが良いでしょう。

そうは言ってもスターバックスやマクドナルドみたいな大企業が提供しているWiFiなんだから大丈夫なんじゃ・・と思われるかもしれませんが・・

危険です 笑

これはちょっとネットワークに詳しい人にとっては常識ですがSSL通信のように暗号化された通信でなければ、通信内容は盗み見られる可能性があります。

つまり、httpsから始まるサイトの通信は暗号化されるので大丈夫ですが、それ以外の通信は危ないという認識を持たなければいけません。

https非対応のサイトでクレジットカードの番号を入力するなんて行為は論外です。

外出先で安全なネットワーク環境をどうやって手にいれるか

フリーのWiFiを利用せずに、モバイルWiFiを使うというのはひとつの手段です。

海外でもレンタルWiFiなどを使うのが良いでしょう。

海外でネットワーク環境を確保する方法(レンタルWiFi)

これはつまり、外出先ではフリーのWiFiを使わないという身も蓋もない話です 笑

 

もうひとつは通信を自分で暗号化してしまうという方法です。

VPN(Virtual Private Network)という技術を使うことで通信を暗号化できます。

手順は

  1. 予めVPNサーバを用意しておく
  2. スマホ等をWiFiに接続
  3. VPNサーバに接続

とすると,安全な通信経路を確保できるというものです。

技術を説明すると長くなるので、とりりあえずVPNサーバに接続すれば良いということ。

と、書いてみましたが・・

素人がVPNサーバを構築して運用するのは大変です 笑

ではどうすれば良いかというと・・業者が用意してくれているVPNサーバを使うのが簡単だと思います。

手っ取り早くVPNを使うならセカイVPNが良いでしょう。

月額1,080円でVPNサーバを利用することができます。

特に海外でWiFiにつなぐ人にとってVPNは必須と言って良いと思います。

VPNが月に1,080円で利用でき、海外でも安全な通信を確保できるのであれば安いものではないでしょうか。

申し込みも簡単で、Webサイトから申し込むとIDとパスワードが発行されすぐに使えるようになります。

さらにVPNを使うと通信制限を回避することができたりします。

例えば中国では国内からのFacebookやYoutubeなどへ接続できないように規制されていますが、VPNを使えばこれを回避できるのです。

(まぁそもそもすべてを監視されていそうな中国でVPNを介さずに通信する度胸はありませんが・・)

通信速度が気になる方は2ヶ月の無料体験を実施中ですので試しに利用してみるのが良いと思います。

海外によく行く人はもちろん、国内でも外でフリーWiFiを利用する方はVPNを使いましょう