ANAビジネスクラス ワシントンD.C.→成田(2019年5月)

復路のダレスから成田便もANAを利用させていただきました。

まずはANAのカウンターで手続きしていただきます。

この便はビジネスクラスがほぼ満席、エコノミーはまだ余裕があるようでした。

長距離路線ということと、ワシントンD.C.という土地柄なのか、ビジネスクラス利用者が多いようですね。

チェックインカウンターはエコノミー・ビジネスともに行列ができていました。

海外でもダイヤモンドメンバーはファーストクラスと同じ優先カウンターが利用できますので、チェックインもスムーズです。




 

前回来たときはルフトハンザのラウンジを案内されましたが、今回ははトルコ航空のラウンジが案内されました。

 

ラウンジまでの道順が書かれていました。

 

ここの空港少し分かりにくいのですが、チェックインカウンターと同じフロアにはセキュリティチェックがありません。

フロアをひとつ降りる必要があります。

 

セキュリティチェックを受けた後、Bゲートまでは電車で移動します。

 

B付近にはあまり食事するところがありません。

お店も少なくここで時間を潰すのは難しそうです。

 




 

ルフトハンザのセネターラウンジ&ビジネスラウンジ。

ちなみにダイヤモンドメンバーはどちらも利用できます。

 

こちらがターキッシュエアラインズのラウンジ。

この日はかなり混んでました。

Priority Passでも利用できるようで、いろいろな便のお客さんが来ていたようです。

 

ラウンジで仕事をしてから搭乗します。

往路では通路側でしたが・・

ANAビジネスクラス 成田→ワシントンD.C.(2019年5月)

復路は窓側をゲットできました。

 

しかもいつものドア付近の座席。

前回ワシントンD.C.へ行ったときは往復ともにこの座席でした 笑

 

やはりこの個室間は落ち着きます。

 

残念だったのはアメニティーポーチがグローブトロッターではなく前のままだったこと。

同じ路線でも往路と復路で違うことがあるそうです。

まだ切り替えている途中のようなので、このような事態が発生するのでしょう。

 

離陸まで外を眺めながらゆっくり待ちます。

日本では見ることのないサウスウエスト航空。

5月からはハワイのインターアイランド路線に参入するそうですね。

 

オンタイムよりも少し早くプッシュバック。

 

滞在中ははやく帰りたかったのですが、離陸するとちょっと寂しい気持ちにもなります 笑

 




 

さてお楽しみの食事。

シャンパンでいただきます。

シャンパンやワインはかなりの量を一度にサーブされるのですが、これ何故なんでしょうね。

何度もサーブしなくて良いように、ということなのでしょうか・・

料理に合わせて飲みたいのでこんなに量はいらないのに。

今回も少しで結構ですとお願いしたのですが、結果この量になりました 笑

生ハムには無花果とチーズが包まれています。

これは生ハムの塩味と無花果の控えめな甘さが合っていて美味しい。

 

アペタイザーはホタテと海老。

ソースはアイオリソースなのですが、味が控えめすぎて・・

 

メインは牛フィレ肉のステーキ。

ミディアムレアぐらいの良い焼き加減なのですが、肉質がかたく肉の旨味もちょっと物足りない感じでした。

アスパラは贅沢に柔らかい先のほうだけ・・と思ったのですがそれでも固め。

たぶんここより下の部分は固くてたべれないのではないかな。

 

デザートはいつも通り甘さ控え目な感じ。

 

機内では時差調整のために寝ることなく読書と仕事をして過ごしました。

といっても読書の途中で寝落ちして、結局2時間ぐらい寝てしまいましたけどね 笑

 

さて、到着前の食事です。

前回のダレス→成田便でも洋食にしたのですがイマイチでした。

ANAビジネスクラス ワシントンD.C.-成田 搭乗記(2019年3月)

しかし、和食のメニューを見ても美味しそうには思えず結局は洋食に。

今回はチキン腿肉でしたが、お肉は柔らかくて美味しい。

前回同様ヨーグルトはアサイーとして提供されました。

 

今回も快適なフライトでしたが、アメニティの変更が追いついていないのは残念でした。

それと食事ももう少し気合いを入れてほしい。

 

そういえば、このフライトでライフタイムマイルが50万マイルを超えました。

記念タグが楽しみです。

関連記事

ANAビジネスクラス 成田→ワシントンD.C.(2019年5月)

ANAビジネスクラス 成田-ワシントンD.C. 搭乗記(2019年3月)

ANAビジネスクラス ワシントンD.C.-成田 搭乗記(2019年3月)