コンラッド東京 コーナーシティスイート(2019年7月)

初めてコンラッド東京を利用させていただきました。

近くにはヒルトン東京お台場があり、そちらを利用することが多いのですが、セールで安く出ていたことと、たまにはコンラッドにも泊まってみようと思い、こちらにお世話になりました。

日本ではこれが初めてのコンラッド滞在です。



エントランスにはこんなモニュメント。

現代美術館に来たような感じがします。

 

ホテルのレセプションは1階にはありません。

エレベーターで28階のレセプションまで移動しなければなりません。

最近観葉植物を置きたくて、出先でいろいろと参考にさせてもらっています。

これ見た目は好みですけど、この大きさで置いているからそう感じるのかな。

 

エレベーターは2つありますのでそれほど待つことはありませんでした。

 

早速エレベーターで28階のレセプションに向かいます。

迷いようがないシンプルなボタン 笑

 

28階に上がると、ロビーは混み合っていました。

休日ということもあってか、各レストランはかなり混み合っているようでした。

ラウンジでチェックインしようと思っていたのですが、今ラウンジが混み合っているということで28階のフロントでチェックインして欲しいと言われ、それに従いました。

チェックインの間、お茶とおしぼりをいただきました。

とは言ってもカウンターの前に立っている状態ですので、ゆっくり寛ぎながらのチェックインとはいきませんでした。

外は暑かったので冷たい飲み物は嬉しいですね。

 



 

もともとの予約した部屋はコーナーシティスイートでした。

どのような部屋がアサインされるか楽しみにしていましたが、この日は混雑しているそうで、アップグレードはありませんでした

レイトチェックアウトもNGだそうで、なかなか渋い対応でした。

Hオーナーズのダイヤモンド会員ですが、混雑には勝てません・・

ということでお部屋へ向かいます。

廊下のこの雰囲気いいですね。

 

コーナーシティスイートは72平米あるので結構な広さ。

ソファーは2名用ですが幅に余裕があり奥行きもゆったりしています。

写真では分かりにくいですが実際に座ってみるとかなりくつろげるものでした。

 

こちらには1人用のチェア。

ライトがおしゃれです。

ちなみにこのライト、絶妙なバランスを保ってこの位置で止まっていて、少し下げると思ったところで固定できません 笑

支えるところが緩んでいるようでした。

 

ソファーの反対側はこうなっています。

手前の丸いテーブルは結構大きいので、仕事をしていても特に不便はありません。

白いワーキングチェアの座り心地はそこそこ。

 

デスクの向かいはお風呂になっています。

リビングスペースからは丸見えの構造ですが、ブラインドを下げることも可能です。

 



 

テレビは壁掛けタイプ。

 

ネスプレッソももちろん用意されてました。

 

カプセルは3種類、計6つ。

デカフェも用意されていました。

 

お水は2本置かれていました。

急須がなかなか渋くて好みでした。

 



 

この棚には少しギミックがあります。

手前を開けると・・

 

コンセントとLANの口があります。

こうやって隠されているんですね。

 

この下が冷蔵庫。

結構な種類のドリンクが入っていました。

 

隣のを開けると食器類が入っていました。

 

ティーカップ。

 

スナック類も豊富にあります。

 

ワインはスクリュータイプなので開封はしやすそう。

 

それとこちらのボックス、開けてみると・・

 

ウィスキーが並んでいました!

しかも山崎12年,余市、マッカラン12年もあり、シングルモルト好きにはたまらない光景。

全部飲み比べたい 笑

ただ、ライトアップされていてかっこいいのですが、その熱でウィスキーのボトルがやや温まっていたのが気になりました。

 

デロンギのケトルとマイスペースはこちらに。

コンラッドオリジナルのワインオープナーかっこいいですね。

 



 

テレビの下のこの部分、

 

じつはここも開けることができるようになっています。

中にはテレビのリモコンがありました。

 

あとは地震時の避難に関する案内もこちらに。

 

Boseのスピーカー。

試してはいませんが、スマホもつなげることができるようでした。

 

電話の横にあるこちらのボックスの中には・・

 

諸々の案内が入ってました。

 



 

さてベッドルーム側です。

 

ベッドの壁紙をよーく見てみると・・

鳥!

 

おなじみのアヒル。

クマと一緒に持って帰りました。

 

ベッドルーム側にもテレビがあります。

 

窓のカーテンは電動です。

壁にあるこちらのスイッチで操作できます。

 

クローゼットはベッドルームではなく、入り口付近にあります。

どちらかというとベッドルームにあるほうが好みなのですが、水回りがエントランス付近なので、こちらにあったほうが便利かもしれません。

 

ハンガーは木製の肉厚なタイプで良いもののようですが数が少ないのが気になりました。

 

荷物用の台はがクローゼットの中にあるのは使いやすいので好きです。

 

引き出しにはナイトウェア。

 

セーフティボックスが見当たらないと思って探したら、クローゼット横のすごい狭いスペースに押し込められたようにありました。

 

ここはレンタル用の傘も常備されているんですね。

 



 

そしてクローゼットの反対側にお風呂。

 

結構広々としています。

 

バスタブはやや狭めですがオシャレ。

お風呂側からもリビングが丸見えです。

 

バスローブは薄手のものなのですが、着心地は気持ちいい。

 

バスタブに入ってそのままテレビを見ることができます。

 

洗面台は2つ。

無理に2つ押し込めたような感じでスペース的にはそれほど広くありません。

大きな丸い鏡とライトが特徴的ですね。

 

アメニティの一部。

ボディータオルがあるのはいいですね。

 

ちょっとしたものがオシャレ。

いろいろな小物が部屋の雰囲気に合っています。

 



 

シャワーブースとトイレはこちら側にあります。

 

右側がトイレ。

 

左側がシャワーブースです。

 

天井にはレインシャワー。

 

アメニティはシャンハイタンでした。

 

シティビューなので部屋からの眺めはこんな感じ。

ホテルの中では低層階にあるということもあり、眺めはイマイチですね。

 

初めてのコンラッド東京でしたが、お部屋の家具や小物が好みのものが多く居心地が良かったです。

残念ながらアップグレードはありませんでしたが、予めスイートを抑えていたので快適でした。

ここは週末は混雑するようなので、部屋で過ごす時間が長い場合は最初から希望の部屋を予約していたほうがストレスなくて良いかもしれません。

ホテル自体は混在していて、スタッフの方も慌ただしそうでした。

フロントはかなり忙しそうでしたが、それでも丁寧に接していただいたスタッフの皆様に感謝です。

関連記事

コンラッド東京 エグゼクティブラウンジ(2019年7月)

ヒルトン東京お台場 スーペリアデラックスキング(2019年6月)