ヒルトン東京お台場 スーペリアデラックスキング(2019年6月)

久しぶりにヒルトン東京お台場に泊まりました。

今年はMarriott系列の利用が多く、ヒルトン福岡以外の利用頻度はかなり下がりました。

そろそろエグゼクティブラウンジのテラス席の利用が良い季節だろうということと、セールで少しお安くなっていたこともあり利用させていただきました。

夕方に一度ホテルにチェックインする予定でしたが時間がなく、仕事終わりにそのまま会食に出て、さらに飲み歩いていましたのでホテルに着いたのは日付が変わろうとしていたころでした。

すでにラウンジも閉まっている時間ですので、フロントでチェックインしていただきます。



ダイヤモンド会員に対するアップグレードは相変わらず渋めのようです。

一番下のカテゴリーから2レベルアップのスーペリアデラックスでした。

後で思ったのですが、ここはキングベッドの部屋が少ないのか、アップグレードはツインルームのほうが有利な印象があります。

それを忘れて今回はキングルームを取ったのがよくなかったのかもしれません。

まぁ翌日も早朝には出発しますので、部屋のレベルはあまり問題はありません。

 

外に向けられた2脚の椅子越しに景色を見ると、久しぶりに戻ってきたなぁという実感がわいてきて、どこか懐かしい感じにもなります。

 

ここのデスクは使いやすいのでお気に入り。

 

お手紙とお菓子。

マカロンを食べたい衝動に駆られましたが、夜遅いので我慢・・

 

テレビ下の荷物置きは相変わらず便利で重宝します。




ミニバーに違和感・・

がなんだかすっきりしています。

以前はここに有料のお菓子がおいてあったのですが見当たりません。

 

なんと冷蔵庫の中もカラ!

今はエグゼクティブフロア以上にしか置いていないそうです。

それ以外の部屋の有料の飲み物はすべて撤去しているとのことでした。

あまり売れ行きがよくなかったのでしょうか。

ホテル内にコンビニはないので、飲み物が欲しいときは不便です。

しかしこのレベルのホテルでミニバーがないというのは・・

 

クローゼット。

 

中にはセーフティボックスもあります。

このレベルの部屋だとバスローブはありません。




水回りはこれまでと変わりないようです。

 

アメニティはいつもと同じクラブツリー&イヴリン。

前回同様ボディークリームは1本のみです。

 

すぐ横にトイレ。

 

毎回思いますが、ここが扉で仕切られていないのは残念。

 

お風呂は独立しています。

洗い場も広くバスタブも大きめ。

 

ここのお風呂はゆったりできるので好きです。

 

昨年の夏以来、久しぶりの滞在でした。

短い時間の滞在でしたが、昔よく泊まっていたころを思い出して懐かしい感じでした。

ミニバーが撤去されていたりと、以前と変更されところも。

この時期はバルコニーにでても気持ちがよくていいですね。

 

関連記事

ヒルトン東京お台場 スーペリアデラックスツイン(2018年8月)

ヒルトン東京お台場 庵SPA(2017年12月)

ヒルトン東京お台場エグゼクティブツイン(2017年9月)

ヒルトン東京お台場 エグゼクティブラウンジ カクテルタイム(2017年9月)